みそかつ店紹介:名古屋版
味噌かつといえば名古屋の名物料理の一つ。その名店や関連する商品を名古屋市内を中心に紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外食は注意深くしないと・・・
ようやく外食の問題点が理解できるようになりました。
何といっても飲食店はそれなりに利益優先主義!!!

近頃話題となっているホテルのレストランでも食品偽装?か誤表示かは知りませんが、
やたらあちこちのホテルでお詫び行脚が続いています。

大の大人がここまであちらこちらで頭を下げまくっているわけですから、
道徳心というか、企業モラルなのか、地に落ちた感じがしますね。

そこに企業の利益優先度がはっきりとしたわけですが、
当然食品添加物のも平気なんじゃないかというわけです。。。

たしかに塩などで食品が腐らないように自然のもので繋いできた食品添加物の歴史はありますが、
昨今はタール色素に始まり、保存剤、着色料、酸化防止剤など様々に問題を抱えています。

食品添加物というのに、本当に人間に害がないのでしょうか。。。
また、それが外食する私たちに何ら問題のない食品なののでしょうか?

最近の変な病気を見ていると問題もあるとの指摘もあります。

近所のまだ若い主婦が膠原病にかかりました。
食品添加物についてかkれ他本を読んでいると、注目すべき事柄が描かれています。
膠原病などの原因となる「免疫毒性」をもつ添加物として、名称が挙げられていました。

保存料・殺菌料は、ソルビン酸、デヒドロ酢酸、安息香酸
発色剤は、亜硝酸ナトリウム
酸化防止剤は、BHA

これらが悪さをするようです。
記事中には膠原病友の会への患者からの訴えが届いています。

「...このように半殺しの状態を一生続けさせるなんて!
かといって、自ら命を絶つ勇気もありません。
だから私は30歳で死んでも良いと思います。……寂しい毎日です。」

ちなみに本の名前は「脱!コンビニ食」山田博士著
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。